FUGO News

特許明細書チェックソフト FUGO に関する最新情報をお届けいたします

FUGO Ver.2018.11.7.0 の公開 【重要】ライセンスキー方式の導入

f:id:rcipworks:20181108104206p:plain

FUGO Ver.2018.11.7.0 を公開いたしました。

今回のアップデートでは、従来のFUGO IDを用いたライセンスの認証に加えて、より安心・便利にお使い頂けるように、ライセンスキーを用いたライセンスの認証 機能を追加いたしております。

目次

<ライセンスキー方式の導入によるメリット>

  • ライセンスキーを用いた認証とすることで、常に、ライセンス認証が正しく行われるようになります*1
    • ハードウェアの変更による影響を受けなくなりました。
    • Windowsの大型アップデートによる仕様変更の影響を受けなくなりました。
    • 従来の課題であった、『利用PCのネットワークハードウェア・ソフトウェア構成が変更されると、ライセンスが意図せず失効する(ライセンスの再設定が必要となる)』という問題が解決されます。
  • また、ユーザの方自ら、ライセンスを別PCへ移行させることも可能となりました。
    • 1ライセンスで複数台(台数無制限)での利用が可能です。*2

FUGOのバージョンアップ内容

改善内容

ライセンスキー方式の導入

(ライセンス認証がされていない状態で)FUGO起動時に表示される、ライセンス認証画面をリニューアルいたしました。

f:id:rcipworks:20181107172210p:plain:w400

2018.11/5以降に、ライセンスを購入頂くと、お手元にライセンスキーが送付されます。上記画面で、ライセンスキーをご入力ください。

※ ライセンス認証の際の通信先(ライセンス管理サーバ)は、従来のactivate4fugo2.appspot.comと、license.rc-ipworks.net とになります。

なお、2018.11/5より前にご購入頂いた場合、ライセンスキーが存在しません。この場合、画面左下の「FUGO IDで認証する」をご選択ください。今までの仕組みでライセンス認証が行われます。

ライセンス認証手順

f:id:rcipworks:20181107172548p:plain:w400

  • オンラインでのライセンス認証
    • (上段「インターネット経由でソフトウェアのライセンス認証を行います」)
  • オフラインでのライセンス認証
    • (下段)

のいずれかをご選択いただけます。

オンライン認証の場合

「次へ」をクリックいただくのみで、FUGOが弊社ライセンスサーバと通信を行い、ライセンス認証を行います。

オフライン認証の場合

画面の指示に従って、お手続きをお願いいたします。

大まかな流れとしては、FUGOの画面と、弊社ポータルサイト(WEB)と、を行き来する形となります。

なお、弊社ポータルサイトでの操作は、FUGOを利用するPCとは異なるPC・スマートフォンを用いることが可能です。

  1. FUGOが自動生成する文字列A (「オフライン認証コード」)をコピー
    f:id:rcipworks:20181107172638p:plain:w400
  2. ポータルサイトのオフライン認証用ページを開き、文字列Aを貼り付ける
    f:id:rcipworks:20181107172915p:plain:w400
  3. ポータルサイトのオフライン認証用ページで、生成された文字列B(「パスコード」)をコピー
  4. FUGOの画面に、文字列Bを貼り付ける

ライセンス認証が成功した場合

以下のように、ライセンス期限が表示されます。

f:id:rcipworks:20181107173436p:plain:w400

ライセンスの移行方法 (複数PCでの利用方法)

「ツール」→「ライセンスの解除」をご利用ください。

f:id:rcipworks:20181108103607p:plain:w400

利用中のPCに紐付けられていたライセンスが解除され、ライセンスキーの認証可能台数が1増加します。解除後、ライセンスキーを用いて、別のPCでライセンス認証が可能となります。

※ ライセンスキーのライセンス情報(ライセンス期限やプラン、当該キーでライセンス認証可能な台数)は、ポータルサイトからご確認頂けます。

ダウンロード

FUGOは自動的にアップデートされます。

手動でアップデートを行う場合、製品ページより最新版をダウンロードの上、上書きインストールしてください。

rc-ipworks.com

*1:PC名をもとにユーザーの判別を行います。PC名を変更された場合、別ユーザとして認識されます。

*2:同時利用は出来ません