FUGO News

特許明細書チェックソフト FUGO に関する最新情報をお届けいたします

FUGO Ver.2019.4.26.9 の公開、およびFUGO.rewrite, FUGO.seisyoのアップデート

f:id:d_ymkw:20180724012610p:plain

FUGO Ver.2019.4.26.9 を公開いたしました。合わせて、FUGO Premium版のオプション機能 FUGO.rewrite, FUGO.seisyoについてもアップデートを行っております。

FUGO バージョンアップ内容

不具合の修正

「スマート一括置換」機能の表示不具合の修正

PC環境によって、初期状態で「プレビュー」ボタンなどが隠れてしまう表示の不具合を修正しました。

FUGO.rewriteを用いたチェック実行時に発生する不具合の修正

FUGO.rewriteを用いたチェック実行時(FUGO.rewriteのFUGOでチェックボタンをクリックした場合)に、段落番号チェックダイアログを表示したままにするとエラーが出る不具合を修正しました。

※ この修正に伴い、下記の仕様変更を行っています。

  • 従来:
    • 段落番号チェックダイアログが表示されると、チェック処理が中断される
  • 修正後:
    • 段落番号チェックダイアログが表示されても、チェック処理を続行する

FUGO.rewrite バージョンアップ内容

不具合の修正

FUGO.rewriteの機能が使えなくなる不具合の修正

「スマート一括置換」や「バルク置換」機能を使った後、FUGO.rewriteの各種機能(上記置換機能のほか、段落ジャンプ機能など)が使えなくなる不具合を修正しました。

特殊な条件下でFUGO.rewriteが使えなくなる不具合の修正

すでにWordを立ち上げている場合で、他のアプリケーションなどを経由してWordを起動した場合に、いずれかのWordを閉じると、以降FUGO.rewriteが使えなくなる不具合を修正しました。

FUGO.seisyo β バージョンアップ内容

新たな機能の追加

「特許明細書の雛形を作成」機能の追加

f:id:rcipworks:20190507143038p:plain

従来の「特許請求の範囲の作成」機能と「解決手段の作成」機能とを統合しました。

クレーム表の記載内容をもとに生成した特許請求の範囲や解決手段などを組み込んだ状態の明細書の雛形を生成します。

f:id:rcipworks:20190507143217p:plain

この機能で作成する明細書の雛形(テンプレート)は、「設定」からお好みで文言を調整・変更できます。

既存機能の改良

インデントを自動で処理する機能の追加

クレーム表内で、行頭に空白を挿入しようとして自動インデントが設定されているケースでも、クレーム表の記載(見た目)通りに、先頭に空白を挿入した状態でクレームが生成されるようにしました。

アドインを追加しても、Wordの起動速度が低下しないように

FUGO.seisyoアドインをインストールしても、Wordの起動が遅くならないように調整を加えました。

不具合の修正

解決手段が意図した通りに作成されない不具合の修正

「設定」で設定したテンプレートの内容の通り【課題を解決するための手段】が生成されるようにしました。

この不具合修正に伴い、テンプレートの記載方法が従来と互換性のない形式に変更いたしております。お手数おかけいたしますが、1度、設定を見直して頂きますようよろしくお願いいたします。

f:id:rcipworks:20190507143327p:plain

※ 【課題の解決手段】のテンプレート内で用いる特殊文字({Context}や{Text}など)にご注意下さい。従来のバージョンから変更したため、従来のテンプレート設定では正しく雛形が生成されません。

ダウンロード

下記FUGO ダウンロードページよりお願い致します。

FUGO.rewrite 、FUGO.seisyoは、自動的にアップデートされます。

rc-ipworks.com

【アップデート情報まとめ】2019年2・3月の更新情報

f:id:d_ymkw:20180724013237p:plain

ここ2ヶ月の間のFUGOの更新情報をまとめてお知らせします。

自動アップデート(「動作安定版のみ配信」)を有効にされているユーザーの方には、本日(2019/3/31)よりVer.2019.3.8.0が配信されます。

今回のアップデートでは、7つの新規機能の追加、10の機能改良、8つの不具合修正を行っております。


【概要】

  • 英文明細書のチェック機能の追加・改善
  • プラグインの機能追加・改善
  • クレームにおける「前記」の記載チェックの操作性改善
  • その他、一部処理の精度改善、高速化など
  • 特定のケースで発生していた不具合の修正

続きを読む