FUGO News

特許明細書チェックソフト FUGO に関する最新情報をお届けいたします

FUGO Ver.2018.6.12.0の公開

FUGO Ver. 2018.6.12.0を公開いたしました。

今回のアップデートでは、1つの機能追加を行っております。

バージョンアップ内容

新たな機能の追加

設定ファイルの保存場所を変更可能に
  • 設定ファイルの保存場所を変更可能に
    • 通常、
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\ClockAhead\FUGO\2.0.0.0
      というフォルダに設定ファイル類が保存されます。
    • 上記フォルダに設定ファイル類が保存できないケースに対応できるように、この保存場所を任意の場所に設定できるようにしました。
    • FUGOを起動する際、第1引数に任意の保存場所(フォルダ)を指定することで、変更が可能です。
変更方法(FUGOをショートカットから呼び出す場合)
  1. FUGOのショートカットを左クリックし、メニューの『プロパティ(R)』をクリック
    • f:id:d_ymkw:20180612153405p:plain:w500
  2. リンク先(T)を選択
    • f:id:d_ymkw:20180612153633p:plain:w500
  3. 既に入力されている文字(FUGOの実行ファイルのパス)の後ろに、
    半角スペースを入力し、
    さらに任意の保存場所を入力
    • 入力例:"C:\Program Files (x86)\FUGO\FUGO.exe" "C:\FUGO Config"
  4. 『OK』をクリック
  5. ショートカットからFUGOを起動

正常に設定できたかを確認する方法

FUGO起動後、

画面上部の「ツール」→「設定ファイルを含むフォルダを開く」をクリックし、

指定した保存場所が開くことを確認してください。

注意事項
  • フォルダのパスに空白を含む場合、ダブルクオーテーション "" で囲んで下さい。
  • 存在するフォルダを指定してください。
    • 存在しないフォルダを指定した場合、エラーが表示されます。
    • FUGO起動前に保存場所とするフォルダを作成してください。
  • FUGO.rewriteからFUGOを呼び出す場合には、この機能は未対応です。

ダウンロード

「設定」→「アップデート」で「●常に最新版の情報を配信」を選択している場合、自動的に配信されます。

手動でアップデートする場合、下記FUGO ダウンロードページよりお願い致します。

rc-ipworks.com