読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUGO News

特許明細書チェックソフト FUGO に関する最新情報をお届けいたします

(プレ公開) FUGOで下付き文字・上付き文字の符号をチェックできるようになります

f:id:d_ymkw:20160822185226p:plain

近日、Wordアドイン『FUGOでチェック』を公開します。

このアドインを利用すると、FUGOで下付き文字・上付き文字の符号を判別・チェックできるようになります。

概要

従来のFUGOでは、チェック時に下付き文字・上付き文字の区別がつきませんでした。

今回公開するWordアドイン『FUGOでチェック』を利用してFUGOのチェックを実行する場合には、下付き文字・上付き文字を区別可能な形態とすることができます。具体的には、

  • 下付き文字の場合には、下付き文字の前に"_sub"の文字が、
  • 上付き文字の場合には、上付き文字の前に"_sup"の文字が付与されます。

f:id:d_ymkw:20160822191049p:plain

これにより、例えば、符号の一部に本来下付き文字を含んでいる場合に、下付き文字にし忘れている(符号の入力をミスしている)箇所をFUGO上で確認することが可能となります。

なお、符号の入力ミスについては、符号表下部の『符号の名称が重複しているもの:』を確認すると素早く見つけることができます。

必要要件

『FUGOでチェック』を利用するにあたっては、以下のソフトウェアが必要となります。

  • .NET Framework 4.5以上
  • Microsoft(c) Word 2010以上
  • FUGO

インストール・アンインストール方法

  1. ExecuteFUGO.zipファイルをダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍します
    f:id:d_ymkw:20160822185529p:plain
  3. フォルダ内に含まれているExecuteFUGO.vstoファイルをダブルクリックします。
  4. f:id:d_ymkw:20160822185743p:plain
    インストールの確認画面が表示されるので、『インストール』ボタンをクリックして下さい。

以上でインストール作業は終了です。

なお、アンインストールは、Windowsの標準機能『プログラムと機能』から行って頂けます。

使い方

初期設定

あらかじめ、プラグインにFUGO実行ファイルの場所を教える必要があります。

  1. Wordを起動し、『アドイン』タブを開いて下さい。
  2. 『設定』ボタンをクリックして下さい。
    f:id:d_ymkw:20160822191929p:plain
  3. 設定画面が表示されるので、『参照』ボタンをクリックして、インストールしているFUGOの実行ファイルの場所を指定して下さい。
    f:id:d_ymkw:20160822191352p:plain
  4. 『OK』をクリックして下さい。

以上で初期設定は終了です。

ふだんの使い方(初期設定後の使い方)

Wordでチェック対象の特許明細書を開いた状態で

  1. 『FUGOを起動』ボタンをクリックして下さい
    f:id:d_ymkw:20160822191929p:plain

自動的に、

  • 下付き文字の場合には、下付き文字の前に"_sub"の文字が、
  • 上付き文字の場合には、上付き文字の前に"_sup"の文字が付与された状態の

特許明細書がクリップボードにコピーされ、FUGOが起動します。

f:id:d_ymkw:20160822192533p:plain

なお、下付き文字・上付き文字の前に特殊な文字("sub","sup")が挿入されるのはFUGO上での表示のみで、元のWordファイルの記載が変更されることはありません

以上です。